デイサービス看護師役割

デイサービス看護師さんの役割として一番求められるのがなんといっても
施設を利用している高齢者や障害を持っている方達の健康管理、健康保全です。

デイサービスを利用している人には様々な問題を抱えていることが多いです。
加齢による関節痛や変形による歩行障害、脳卒中などの病気の影響で
麻痺や身体の動作に障害を持っている方もいらっしゃいます。

そういった方が利用するデイサービス施設内において健やかな健康的な生活ができるように、
食事の補助や入浴、リハビリテーションといった身体的な補助はもちろん、
社会で生きる上で人間関係の交流による心のケアという側面を担っているいるんですね。

利用している人たちにとっては、もし何かケガをしてしまったり体調の変化、
病気で倒れるといった状況になってもデイサービスの施設内で働く看護師さんがいることで
速やかな対応処置を受けることができるので役割として非常に
重要であることは間違いないです。

看護師さんから見て日々、高齢者や障害を持っている方に何かしら変化はないか、
顔色や表情、いつもと違う異変がないか状態を観察しながら
事前に精神的、肉体的な細かな変化を早期発見するという役割もあります。

デイサービス看護師さんの役割はとても重要であると同時に、
社会の中で必要不可欠な存在であるということは間違いないといえるでしょう。